岡崎慎司 選手 スペシャルインタビュー

“自分の価値をプレーで証明する” Part 3

コロナ禍で、サッカー選手が抱える苦悩

ー コロナ禍でなにか変わりました?

僕自身は変わりましたね。3ヶ月近く家でトレーニングのみを強いられた時にこの先にある目標がなかったんですよね。試合の日程もなかったし。そういった時にどこに気持ちをぶつければ良いのかが分からなくて。そこでサッカー選手であることの幸せを感じましたね。ただただ練習しているのと、土日に試合があるのって全然違うと思いますし、僕が見る側としても土日に試合があってそれを日々楽しみに過ごしていて。そういうのもなくなるとみんな元気がなくなっている気がするし、ヨーロッパでもサポーター・観客がスタジアムに足を運べないというのは今も続いていて、サッカーの面白さの半分くらいはもうなくなっているような感覚がありますね。そう言う意味ではサポーターとかファンの力が、今になると毎回支えてくれていたんだなと思いますね。

ー 試合中も観客がいないと全然違うものですか?

試合中は全然違いますね。自分たちの声が響き渡ったりとか、監督の声が響き渡ったりとか。普通はそうじゃなくてサポーターやファンの声援だったのに。声援が90分間あるだけで、出てくるパワーも全然違うし、そこでやっているということがある意味一つのモチベーションであったのが、ない状況でいまサッカーしてるんで。まぁサッカーやれてるだけでも感謝しなきゃいけないんですけど。そういった部分でも寂しさってのはありますね。

ー 観客がいない中でも負けた時の悔しさは変わりませんか?

そこはやっぱり変わらずありますね。負けると悔しい。サポーター達が怒る事で自分たちが叱咤激励されて、感情がゆさぶられて、より集中できるように思う。そういう見えない力は失われている感じがするんで、それを言い訳にすることは一切ないですけど。けどあったらまた全然違うのになとというのは色んな部分で感じますね。それは自分だけでなく、チャンピオンズリーグだったり、今やっているもっと大きな大会をテレビで見てても思いますし、これ結果全然違うんだろうなと思ったりもしますね。

ー スペインはもうすぐ状況は変わりそうですか?

目処は全然たっていないんで、今、ほんのちょっと規制が緩和されたんですけど。でもまぁ外出とかはもう全然してるし、ロックダウンの様なものっていうのは今はなくて、レストランとかも時間制限であいているし、一年前と比べたらよくなってきていると思いますけど、それでもやっぱり普通の生活に戻るというのは今はないんじゃないかなと思いますね。

スパトレを利用して

ー これから英語を勉強しようという気持ちってありますか?

ほんとに最近まで全くなかったんですけど、スパトレでテストをうけた時に、俺10年間何してたんやろって思うのと、結局聞き取れている英語もほとんど自分が会話の中で予測してこれだろうなと思ってるからわかってたということがわかりました。すごい悔しかったですね。もっとやらなきゃいけないなって初めて感じました。これまでは日常生活で自分の言いたい事を言えれば良いと思っていたんですけど、また違ったモチベーションでいま英語に向かっていて。そう言う意味では、スパトレでだからこそ、そういうやる気になったのかなと思っているんですけど。今は毎日とにかく英語を聞いて、オンラインで授業するのは一週間に1回とかでも、これがちょっとできていなかったっていうフィードバックとかを意識して、教えてもらった課題をちょっとずつこなしていくというのをやってます。練習がない時に1時間でも、子供が勉強している時に僕もやったりとかそのような時間の使い方をしていますね。

ー 今後も継続いただけますか?

継続するつもりですね、単語もそうだし、なんか自主勉強のモチベーションが上がるので。それだけでも違うなと思いますね。とにかく英語を聞いて、今までどうやって勉強をしていいか分からなかったので、そのアドバイスをしてもらえるだけで全然違ったのでありがたいです。 でも、やるからにはレベルを上げていけたらいいな、と思います。本当に同じ会話しかしてないなと気づかされましたね。少ないフレーズだけで会話を成立させるということに関しては、多分すごい培われたと思うんですけど、それ以外は全く培われてないという一番ダメなパターンですね。それを変えていかないといけないので、大変です。クラブで話すことって決まってるんで、できるだけオンライン授業で鍛える機会を増やすしかないかなと思いますね。 スパトレの授業は先生が毎回変わる楽しみもあるし、同じ先生だとそれに甘えてしまうので、違う人と話してまた違うものも体験しないと。スパトレの一番いいのはやりたい時に予約できるということ。その辺は自分の性格上あっていると思います。今はやる気になってて、このモチベーションを一定に保ちながら長く続けられるようにしたいですね。

ー 英語を学ぶ方へ一言

僕は初心者の方達の気持ちがすごいわかります。こんな会話がしたいとか、もっと先の具体的なイメージを持つと、モチベーションが維持出来て、レベルアップに繋がるんじゃないかなと思います。

岡崎慎司選手 プロフィール

1986年4月16日兵庫県宝塚市に生まれ。
高校卒業後、清水エスパルスに入団。
2011年ドイツ・ブンデスリーガのVfBシュツットガルトへ移籍。
2013年マインツでプレー後、
2015年イングランド・プレミアリーグのレスターに移籍。
レスターがプレミアリーグ初優勝。
現在はスペイン1部 SDウエスカに所属。

成果にこだわり、
確実に英語力が身に付く「スパトレ」
満足度96%の科学的トレーニングを、
まずは7日間無料で体験!

7日間無料トライアルに申し込む