利用規約TERMS

この利用規約(以下,「本規約」といいます。)は,スパトレがこのウェブサイト(以下、「本ウェブサイト」といいます。)上で提供するオンライン英語学習サービス(以下,「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。登録ユーザーの皆さま(以下,「ユーザー」といいます。)には,本規約に従って,本サービスをご利用いただきます。本サービスをユーザーとしてご利用になる方は、本規約に同意いただいた上で、利用登録を行ってください。

第1条(適用)

1. 本規約は,ユーザーとスパトレとの間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。

2. ユーザーは、次条に従い初めて通知を発した時点で本規約に同意したものとみなされ、本規約に従った形で本サービスを利用することができるものとします。

第2条(利用登録)

1. 登録希望者がスパトレの定める方法によって利用登録を申請し,スパトレがこれを承認した旨通知を発することによって,利用登録が完了するものとします。

2. スパトレは,利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用登録の申請を承認しないことがあり,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。

  1. 利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
  2. 本規約に違反したことがある者からの申請である場合
  3. 未成年者,成年被後見人,被保佐人または被補助人のいずれかであり,法定代理人,後見人,保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合
  4. スパトレが定める入会基準を満たさないとスパトレが判断した場合
  5. 反社会的勢力等(暴力団,暴力団員,右翼団体,反社会的勢力,その他これに準ずる者を意味します。)である,または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持,運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力との何らかの交流もしくは関与を行っているとスパトレが判断した場合
  6. 本規約に違反するおそれがあるとスパトレが判断した場合、又は違反した場合
  7. その他,スパトレが利用登録を相当でないと判断した場合

3. ユーザーが登録したメールアドレス宛に、スパトレから、本サービスに関する、新機能、更新情報その他本サービスの利用に必要又は有益な情報に関する案内のメールを送付することがあり、ユーザーはこれに同意するものとします。

第3条(ユーザーIDおよびパスワードの管理)

1. ユーザーは,自己の責任において,本サービスのユーザーIDおよびパスワードを管理するものとします。

2. ユーザーは,いかなる場合にも,ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡または貸与することはできません。スパトレは,ユーザーIDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には,そのユーザーIDを登録しているユーザー自身による利用とみなします。

3. ユーザーは利用登録の際に届けた事項に変更があった場合、 遅滞なく当該事項の変更手続きをするものとします。

4. スパトレは、利用登録の申請に際して届け出た事項が不正確または虚偽であったため又は前項の変更を怠ったためにユーザーが被った一切の不利益および損害に関し、一切の責任を負わないものとします。

第4条(ユーザーの権利、利用料金、支払方法、契約の更新等)

1. ユーザーは,本サービス利用の対価として,本ウェブサイトに表示する利用料金を,毎月、初回支払日の応当日(なお、暦上存在しない日の場合は適切に調整されるものとします、以下同じ。)の初回支払日の支払時刻と同時刻(以下「支払時刻」といいます。)に、スパトレが指定する方法により支払うことにより、本サービスを有効期間利用することができます(支払時刻は、多少差異が生じることがあります。)。なお、有効期間とは、プランの初回支払日の支払時刻から翌月の応当日の支払時刻までを指し(支払時刻は含みません。)、例えば、下記のように取り扱われます。

    (例1)

    初回支払時刻が2月28日21時の場合、翌月の支払時刻は3月28日21時となります。

    この場合の有効期間は、2月28日21時~3月28日20時59分59秒までとなります。

    (例2:閏年の場合)

    初回支払時刻が1月31日21時の場合、翌月の支払時刻は2月29日21時となります。

    この場合の有効期間は、1月31日21時~2月29日20時59分59秒までとなります。

2. ユーザーは、次回の支払時刻の前までに第7条第2項に定める解約手続きを終えない場合(同項のとおり、支払時刻の12時間程度前を目途にお手続きください。)は、本サービスの利用を継続する意思があるものとみなし、毎月の支払日から1ヵ月間、本サービスは継続的に更新され、以後同様とするものとします。

3. ユーザーは、「無料トライアル」期間が設けられている場合、当該期間中は利用料金が発生しないものとし、当該期間が経過した時点又は当該期間中にプランを変更した時点から利用料が発生するものとします。

4. ユーザーが利用料金の支払を遅滞した場合には,ユーザーは年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

第5条(個人情報の取扱い)

スパトレは、スパトレが取得した個人情報を、別途定める「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

第6条(禁止事項)

ユーザーは,本サービスの利用にあたり,以下の行為をしてはなりません。

  1. 法令または公序良俗に違反する行為
  2. 犯罪行為に関連する行為
  3. スパトレのサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為
  4. スパトレのサービスの運営を妨害するおそれのある行為
  5. 他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
  6. 他のユーザーに成りすます行為
  7. 一人のユーザーが複数の登録者の地位を保有する行為または一つのユーザーの地位を複数人で共同して保有する行為
  8. スパトレのサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
  9. スパトレ,本サービスの他の利用者または第三者の知的財産権,肖像権,プライバシー,名誉その他の権利または利益を侵害する行為
  10. 過度に暴力的な表現,露骨な性的表現,人種,国籍,信条,性別,社会的身分,門地等による差別につながる表現,自殺,自傷行為,薬物乱用を誘引または助長する表現,その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を,投稿または送信する行為
  11. 営業,宣伝,広告,勧誘,その他営利を目的とする行為(スパトレの認めたものを除きます。),性行為やわいせつな行為を目的とする行為,面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為,他のお客様に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為,その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為
  12. 長時間の架電、同様の問い合わせの繰り返しを過度に行い、または義務や理由のないことを強要し、スパトレの業務に著しく支障を来たす行為
  13. 宗教活動または宗教団体への勧誘行為
  14. その他,スパトレが不適切と判断する行為

第7条(プランの変更・解約・再開)

1. ユーザーは、スパトレの定める方法によって、プランを変更することができます。ただし、一旦支払った利用料については返金いたしません。

2. ユーザーは、本サービスを解約する場合、スパトレの定める方法によって解約することができ、決済代行会社の手続の終了をもって解約手続が完了となります。また、決済代行会社の手続は、手続の都合上手続の完了時刻がずれる可能性があることから、支払時刻の12時間前を目途に解約手続の完了をお願いいたします。なお、同時間経過後に解約の手続をされた場合において解約手続が完了しなかった場合については、スパトレは責任を負いかねますので、予めご承知おきください。

3. ユーザーは解約により、本サービスを利用する一切の権利を失うものとし、 甲に対して何らの請求をすることができないものとします。但し、ユーザーがスパトレの定める方法によって再開手続を行った場合、ユーザーは本規約に従い本サービスの利用を再開することができます。

第8条(本サービスの提供の停止等)

1. スパトレは,以下のいずれかの事由があると判断した場合,ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。スパトレは,本サービスの提供の停止または中断により,ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について,理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

  1. 本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
  2. 地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合
  3. コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
  4. その他,スパトレが本サービスの提供が困難と判断した場合

2. スパトレが必要と判断した場合には、事前に通知することなくいつでも本サービスの内容を変更し、または本サービスの提供を停止もしくは中止することができるものとします。

3. スパトレは、第1項各号のいずれかまたはその他の事由により本サービスの全部または一部の提供に遅延もしくは中断が発生しても、これに起因するユーザーまたは第三者が被った損害に関し、本利用規約で特に定める場合を除き、一切の責任を負いません。

4. スパトレが本サービスの内容を変更し、または本サービスの提供を停止もしくは中止した場合であっても、本利用規約で特に定める場合を除き、ユーザーに対して一切責任を負わないものとします。

第9条(知的財産権等)

1. 本サービスのコンテンツ、ユーザーがスパトレに対して提供する本サービスのコンテンツ及び本サービスの遂行並びに改良・開発する過程で発生した一切の成果物に関する特許権、実用新案権、著作権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含みます。)等の一切の権利(以下「知的財産権等」といいます。)は、全てスパトレ又はスパトレが利用を許諾した者に帰属するものとします。スパトレはユーザーに対し、本サービスを本規約に従って利用するために必要な限度で、コンテンツを利用することを許諾し、ユーザーは無断で複製,譲渡,貸与,翻訳,改変,転載,公衆送信(送信可能化を含みます。),伝送,配布,出版,営業使用等をしてはならないものとします。

2. ユーザーは,自ら著作権等の必要な知的財産権を有するか,または必要な権利者の許諾を得た文章,画像や映像等の情報のみ用いて,本サービスを利用し,投稿または編集することができるものとします。

3. ユーザーが本サービスを利用して投稿または編集した文章,画像,映像等の著作権については,当該ユーザーその他既存の権利者に留保されるものとします。ただし,スパトレは,本サービスを利用して投稿または編集された文章,画像,映像等を無償で利用できるものとし,ユーザーは,この利用に関して,著作者人格権を行使しないものとします。

4. ユーザーは、他のユーザー、その他の第三者との間で知的財産権等の紛争が発生した場合には、ユーザーの費用と責任により解決し、スパトレに一切の損害及び迷惑をかけないものとします。

第10条(利用制限および登録抹消)

1. スパトレは,以下の場合には,事前の通知なく,投稿データを削除し,ユーザーに対して本サービスの全部もしくは一部の利用を制限しまたはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。

  1. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
  2. 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
  3. 破産,民事再生,会社更生または特別清算の手続開始決定等の申立がなされたとき
  4. 1年間以上本サービスの利用がない場合
  5. スパトレからの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して30日間以上応答がない場合
  6. 第2条第2項各号に該当する場合
  7. ワーム型ウィルスの感染、大量送信メールの経路等により、ユーザーが関与することにより第三者に被害が及ぶおそれがあると判断した場合
  8. その他,スパトレが本サービスの利用を適当でないと判断した場合

2. 前項各号のいずれかに該当した場合,ユーザーは,当然にスパトレに対する一切の債務について期限の利益を失い,その時点において負担する一切の債務を直ちに一括して弁済しなければなりません。

3. スパトレは,本条に基づきスパトレが行った行為によりユーザーに生じた損害について,一切の責任を負いません。

第11条(スカイプの利用)

スパトレはスカイプを用いてサービスを提供し、ユーザーはスカイプの利用に際し、以下各号に定める事項について同意したものとします。

  1. ユーザーは、スカイプを提供するマイクロソフト社が定める通話ソフトウェアの機能およびその利用規約に従うこととします。
  2. ユーザーは、自らの責任において、通話ソフトウェアをダウンロードし、その動作確認等を行います。
  3. 通話ソフトウェアおよびその利用に必要なハードウェアの故障、設定不備および不具合により、サービスが利用できない場合、スパトレは一切責任を負わないこととします。
  4. スパトレはスカイプに関連して発生したトラブルについては一切責任を負いません。 またスカイプに関するお問い合わせについては、一切受け付けません。

第12条(サービス内容の変更等)

スパトレは,ユーザーに通知することなく,本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし,これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第13条(利用規約の変更)

1. スパトレは、本規約の変更につき、ユーザーに事前に通知する(本ウェブサイト内において通知又は公表した場合を含む)ことで変更することができます。

2. 前項の変更通知後、ユーザーが本サービスを継続利用した場合、ユーザーは変更後の規約を承認したものとみなします。

3. ユーザーが本規約の変更に同意しない場合は、直ちに利用を停止するものとします。

第14条(損害賠償責任の制限)

スパトレは、本規約に定めるもののほか、以下の各号に定める事項に起因または関連して生じた一切の損害について、賠償責任を負いません。

  1. ユーザーが希望する時間帯のトレーニングが予約できなかった場合。
  2. ユーザーが希望する特定のトレーナーのトレーニングが予約できなかった又はトレーナーの都合でキャンセルされた場合。
  3. 本サービスの学習効果等。
  4. ユーザーが本サービスに対して満足な利用が出来なかった場合。

第15条(通知または連絡)

ユーザーとスパトレとの間の通知または連絡は,スパトレの定める方法によって行うものとします。またサービス提供価格を変更する場合はユーザーに対しスパトレの定める方法にて事前に通知を行います。

第16条(権利義務の譲渡の禁止)

ユーザーは,スパトレの書面による事前の承諾なく,利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできません。

第17条(残存条項)

第14条乃至次条は、本規約の終了後も効力を有します。

第18条(準拠法・裁判管轄)

1. 本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。

2. 本サービスに関して紛争が生じた場合には,スパトレの本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

2020年07月31日改訂

以上